わきが(腋臭症)保険診療適用・入院不要|銀座みゆき通り美容外科大阪院

メール相談メール予約

保険が適用されるわきが多汗症治療は傷跡が目立つという理由で、高額な自費手術を推奨するクリニックがあります。
当院では保険診療、自費診療のどちらでもわきがを治すことができますが、どちらでも傷跡が目立たない
ベストの結果をお約束します。

わきが・ワキガ(腋臭症)とは

わきが・ワキガ(腋臭症)とは、わきの下から出るアポクリンという汗によって、わきの下が臭う症状のことです。

わきの下のアポクリン汗は誰にでもあるため、誰でも多少は臭うものですが、日本人の1割程度はアポクリン汗が多く分泌されるため、臭いが強くなります。
これを”わきが体質”と言います。

わきが体質の原因は遺伝です。
片親がわきが体質の場合で50%、両親がわきが体質の場合は80%の確率で、子供にわきが体質が遺伝します。

わきが体質でも、幼少時にはわきが症状はありません。
性ホルモンに関係するため、思春期頃から症状が出てきます。

わきが・ワキガ(腋臭症)であっても、本人が気にしなければそれまでのことです。
しかし臭いの悩みは実は深刻で、思春期に症状が出始めることから学校でいじめ問題に発展したり、臭いに関して悩むあまり物事に消極的になったり対人恐怖症になったりする場合もあります。


わきがは手術で治せます

わきの下を常に清潔に保てば臭いを軽減できますが、限界があります。
デオドラント制汗剤も効果的ですが、長期間使用していると色素沈着やかぶれの原因になります。

わきがは手術で治せます。きちんと手術すれば再発の心配もありません。
しかも健康保険を使えば、自己負担額は自費診療の場合の5~10分の1の金額で済みます。

一人で悩むより、まずは当院の専門医にご相談ください。
どんな些細な事でも、親身になってお答えします。

無料メール相談無料カウンセリング予約

美容外科だからできる、傷痕が目立たない、きれいなわきが手術

クリニックの中には、保険が適用されるわきが治療は『傷跡が目立つ』とか『完治しない』とかという理由で高額な自費手術を巧みに勧誘するケースが少なくありませんが、それは事実ではありません。

当院では保険診療、自費診療のどちらでもわきがを治すことができます。

保険診療の手術法は国の保険機構に定められた方法であるため、自費診療の手術法と比べて傷痕の長さや経過、麻酔方法などに違いがあるのは事実ですが、当院ではどちらの手術法の場合でも美容外科の専門医師が最善を尽くして、傷跡が目立たないように丁寧に手術を行います。
またどちらの手術法の場合でも汗腺を確実に除去するので、治療効果に変わりはありません。

当院のわきが・多汗症手術法は、以下の3つからお選びいただけます。

① 皮弁法・・・健康保険適応手術
② 超音波CUSA(キューサ)法・・・ 自費診療手術
③ ボトックス注入法・・・自費診療手術


メール相談メール予約

ページのトップへ戻る